5シリング少年

君は夢を見る
その中の登場人物は全て君だ。
   
<< 到着 | main | つまり >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2013.11.16 Saturday | - | - |


1
ぷゎん

と気の抜けた、けれど高い音が響けば驚いて音のした方を探した

目の前には半径5メートルはありそうな巨大な前輪があった
先程まで無かったものだから目を凝らして運転手を探す


ぷゎん


再び鳴らされたそれは警笛であるらしかった
カタツムリのような形をしたラッパで片目を摘むと殻の中から音が飛び出す

仕組みはよくわからなかった


さらに視線を上げて
慌てて道を開けた


運転手は、犬だった


ぷゎん


音を残して通り過ぎる自転車
後輪は半径1メートルもない小さなものでカタンカタンと揺れながら前進していた


その自転車を見送るように振り返ると後方はバス停やタクシー乗り場、そんなものの並ぶ駅前のような広場になっていた

それ自体は現実に毎日使っていたものであったのだが
バス停のバスは猫が運転していたり
タクシーに乗り込むのは多荷物を抱えた蟻であったりして


記憶にある場所とは大きくかけ離れていた


ゴォォォ

地響きのような低音が聞こえ振り返った
| 2008.11.21 Friday | - | comments(0) |


スポンサーサイト
| 2013.11.16 Saturday | - | - |
comment
コメントする